買取実績紹介

岡本漆専堂 即中斎好鱗鶴透溜二重棚

作家名: 岡本漆専堂
更新日: 2015/10/7

岡本漆専堂の鱗鶴透溜二重棚買取ました

こちらのお買取したお品は、岡本漆専堂の鱗鶴透溜二重棚です。

岡本漆専堂は、茶道具の棚物をはじめ、お盆や吸物椀など懐石漆器まで幅広く扱う、京都を代表する京漆器の老舗です。


お買取した鱗鶴透溜二重棚は、共箱にも「即中斎好鱗鶴透溜二重棚」記されているように、表千家即中斎宗匠の好みで、あでやかで上品な棚です。

鱗鶴透二重棚の鱗とは三角模様を指し、鶴は三角模様の中のことで、鱗鶴の透かし模様は縁起の良いものとされています。

お買取した岡本漆専堂の鱗鶴透溜二重棚は、溜の真塗で、炉・風炉兼用です。他の二重棚と同様、使いやすく楽しめる棚です。

棚物買取ます

棚物は、茶席の道具畳に据えて、点前に際し、水指・薄茶器・羽箒・香合・柄杓・蓋置などの茶道具を飾り置く棚の総称です。

棚物は、台子、大棚、小棚、仕付棚、箪笥に大別されますが、各流宗匠の好みにより,袋棚,四方棚,桑小卓など種々のものを用い、またその再好みなどがあり、扱い方も多様です。


ご使用になられていない、不要の棚物のご処分にお困りでしたら、茶道具買取実績豊富ないわの美術にご連絡ください。

種類の多い茶道の棚物は、個々に買取査定額が異なりますので、買取のお問い合わせの際は、買取査定フォームにてお写真での情報をいただけますと、買取査定がスムーズに運び、具体的な買取査定額もご案内することが可能となります。

棚物の歪みや汚れ、共箱の有無は買取価格に影響しますが、状態の良いお品や作家物の棚物は、高価買取させていただきます。

いわの美術では、棚物のほか、風炉先屏風などの大きな茶道具の買取も致しておりますので、場所をとってご処分にお困りでしたら、お気軽にお問合せください。