新着情報

須田菁華の作品お買取り致します

2017/02/27

須田菁華の作品買取ります


いわの美術では、九谷焼で有名な須田菁華の作品をお買取り致します。

須田菁華は、石川県加賀市で九谷焼を製作している窯元で、初代須田菁華が山代温泉に錦窯を築いた事が始まりとされています。

初代須田菁華は、1862年に生まれ、18歳で石川県勧業試験場陶画部を卒業し、京都で陶芸の研究に励みます。

44歳では菁華窯を築き、九谷の他にも染付・祥瑞・安南・伊賀・万暦・古赤絵などの様々な作品を製作しました。

また、日本の芸術家として有名な北大路魯山人が山代の地を訪れた際に、初代須田菁華が陶芸の手ほどきをした事もあるそうです。

初代須田菁華は、65歳という若さで亡くなってしまいますが、残された伝統や技術は代々受け継がれ、現在では4代目が跡を継いでいます。


須田菁華の主な作品

向付、小皿、御猪口、陶筥、香炉、茶碗、花瓶

湯呑、徳利、箸置、鉢など



須田菁華の作品買取について

須田菁華は、九谷焼の窯元ですが、九谷焼以外にも染付・祥瑞・安南・伊賀・万暦・古赤絵など様々な作品を作り上げています。

一般的に1つの窯元は、決まった素材の作品を作る事が多く、違う種類の作品を作るという事はあまりありません。

しかし、須田菁華は様々な種類の作品を作り上げている事から、それだけ高い技術力を持ち合わせているという事になります。

高い技術力を持つ須田菁華の作品は、白地に赤や青、緑、黄色などのカラフルな色合いが特徴で、食卓に並べると一気に華やかさが増します。

いわの美術では、歴史深く伝統のある須田菁華の作品をお買取りしております。

ご自宅で使っていた物や、ご実家にある須田菁華の作品などご売却お考えでしたら、是非一度いわの美術までお問い合わせ下さい。

また、小料理屋さんや、料亭などやられていた方で、閉店するための在庫処分なども受け付けております。


九谷焼の買取対象作家

福島武山、徳田八十吉、仲田錦玉、吉田美統

武腰潤、田村金星、米久和彦、中田一於、中村陶志人など


~須田菁華の作品買取はこちらへ~