新着情報
  • 5代目伊藤赤水の『無名異練上花文』酒盃のお買取り致します

5代目伊藤赤水の『無名異練上花文』酒盃のお買取り致します

2017/12/13

伊藤赤水 赤水窯の無名異焼のお買取り致します


こちらは、以前弊社でお買取りさせていただきました、五代目伊藤赤水の『無名異酒盃』です。

佐渡ヶ島の無名異土を用いて作られた独特の色合いと、練上技法による花模様がとても美しい作品です。

人間国宝である5代目伊藤赤水の作品のご売却をお考えの方は、お茶道具買取の、いわの美術にお任せください。




伊藤赤水の高価買取作品の特徴
~作家ものと窯もの


伊藤赤水自らが作った『作家もの』と伊藤赤水が監修の元で作られた『窯もの』とに分けられ、この違いで値段が大きく変わります。

窯ものは、実用に重きを置いた作品が中心で、夫婦湯呑みやペアマグカップ、長皿などがあります。

5代目の作品は、実用性に加え高い芸術性に特徴があります。特に練上花文は人気が高く高価買取が期待できます。

また、直径や高さが30センチ以上ある大壷/大皿/大鉢は、流通数の少ないため高額になる可能性が高いです。



伊藤赤水の3つのシリーズ作品
~練上/窯変/佐渡ヶ島


伊藤赤水の作品には、練上の他に窯変佐渡ヶ島というシリーズがあります。窯変は赤と黒のコントラストが美しく、自然に任せた曲線や赤と黒の間のグラデーションが魅力的です。

掲載している写真の酒盃などの酒器類の他に、壷/花瓶・皿・香炉・湯呑み茶碗・急須などの茶道具煎茶道具を中心に製作しています。

伊藤赤水の陶印は『赤水』です。



伊藤赤水の略歴


伊藤赤水とは、江戸時代から続く無名異焼の窯元で、赤水窯の代々が襲名する名称です。

5代目伊藤赤水は、1941年に新潟県佐渡郡に4代目の長男として生まれます。本名は窯一です。

1977年に5代伊藤赤水を襲名し、1985年に第8回日本陶芸展にて最優秀作品賞を受賞しました。その後も様々な賞を受賞し、国内外の作品の招待出品の実績もあります。

百貨店を中心に個展の開催をし、人気を博しています。



いわの美術のお買取りの流れ


いわの美術では、伊藤赤水の作品をはじめとしたお茶道具のお買取りに力を入れております。

お茶道具一式のご処分をお考えの方や、伊藤赤水を含めた作家の作品のご売却をご希望の方がいらっしゃいましたら、骨董品美術品の買取知識のある、いわの美術の査定員が査定させて頂きます。


お買取り方法は、主に出張宅配でご対応致しております。どちらも手数料や出張費用は一切かかりません。お問い合わせの際に、受付にてご内容やお品数、お所をお伝えください。ご内容をお聞きし、お客様に合ったお買取り方法やその後の流れをご案内させて頂きます。

お問い合わせ方法は、電話又はメール/ライン、HPお問い合わせフォームがございます。

メールやラインでお写真を送る簡易査定サービスもございます。査定金額に不安のある方におすすめです

お問い合わせお待ちしております。