買取実績紹介

煎茶道具

作家名: 中国宜興
更新日: 2014/3/20

中国宜興の茶器買取ました!!

お写真のお品物は以前、いわの美術がお買取りした中国宜興の煎茶道具です。
中国宜興といえば、良質土なである朱泥や紫砂泥で作る茶器が有名で、特に急須では使い勝手も良く美術的価値も高い茶器もございます。
中国では急須の事を茶壺と呼び、日本の急須と違って手のひらサイズの持ち手のない形なのが特徴で、中国茶は香りを楽しむため、飲む分量だけを淹れる事ができるようになっています。

お買取りした中国宜興の茶器は急須と湯呑みのセットで、他にも陶磁器製の茶器や鉄瓶などをお買取り致しました。
使い込まれた中国宜興の茶器は表面に艶が出ており、お茶のシミが付いてくるのでお手入れをした後、その艶は失われますが2、3回お茶を淹れる事によって艶が復活します。
お買取りした茶器にはお茶のシミや表面の艶がなく、使用されていなかったお品物でした。
多少の傷が見られましたが中国宜興の陶印がございましたので、お買取りさせて頂きました。

中国宜興の茶器について

中国宜興で造られた茶器でお茶を淹れると非常にまろやかになると昔から愛用している人も多いお品物です。
日本の急須はろくろを使って造られますが、中国宜興では土を叩き板状にした物を茶器の形に組み立てる技法を用いていますので、中国宜興の茶器は叩くと低い音がし、雑に扱うと壊れてしまう事がございます。
また、土には独特の匂いがあり、不良品ではございませんので買取評価に影響する事はございません。
中国宜興の茶器買取では、土、仕上げ、造形、作家によって買取額が変わってきます。
また、由緒ある古い時代の中国宜興の茶器ですと買取額が高くなるお品物も多くございます。
急須や湯呑みの底面に「中国宜興」という陶印がございましたら、いわの美術がお買取り致します!!
お気軽にお電話、メールにてお問合せ下さい。