買取実績紹介

林淡幽の赤絵杜甫漢詩午茶碗

作家名: 林淡幽
更新日: 2014/2/28

茶碗買取ました!!

今回お買取した茶碗は林淡幽の赤絵茶碗です。
林淡幽は京都生まれで伯父・林円山に陶芸を学んだ後に独立し、昭和48年に建仁寺管長・竹田益州老師から五山窯の名を賜りました。
染付、祥瑞、金襴手を得意としている作家です。

お買取した茶碗は、李白と並び称される盛唐の大詩人杜甫の五言律詩「房兵曹が胡馬の詩」が見込みに書かれており、赤絵付はその漢詩をイメージしたものとなっており、風に乗って軽やかに走る馬が描かれています。

茶碗買取ます!!

今回お買取した茶碗は林淡幽の赤絵茶碗でした。
茶碗には様々な種類と多くの作家がおり、特に作家物の茶碗やあれば高価買取も期待でき、まとめて複数での茶碗買取であれば積極的なお取引となる場合もあります。
今回お買取の茶碗には共箱、共布も付いており茶碗自体にキズや欠け、絵付の欠損などもなく良い状態でのお買取りとなりました。
また、茶碗の状態だけではなく共箱にシミや割れ、汚れなどが無いことも茶碗買取の大切なポイントとなります。

いわの美術では茶碗買取に力を入れています。
茶道をたしなんでいる方は季節や茶の席に合わせてたくさんの茶碗をお持ちかと思いますし、茶道はやっていないが、茶碗のコレクションをしているという方は一軍茶碗、二軍茶碗など分けている方も居るかと思います。
その二軍などに高価買取となる茶碗があったりする場合もあります。
いわの美術では、お品物の査定は無料で行っておりますので、「大体いくらくらいだろう?」でも構いませんのでお気軽にいわの美術までご相談下さい!