買取実績紹介

池順鐸の高麗茶碗

作家名: 池順鐸
更新日: 2013/12/13

池順鐸の作品買取ました!!

今回、いわの美術がお買取りしたお品物は韓国の陶芸家・池順鐸(ジ・スンタク)の作品です。
池順鐸は韓国の人間国宝で、同じく韓国の人間国宝・柳海剛(ユ・ヘガン)と共に高麗青磁を再現し、韓国陶磁の復興を果たした事で有名です。
高麗青磁・李朝白磁を範として青磁に文様を象嵌する高麗青磁の技法で繊細優美な作風で多くの作品を残しています。
日本の浅川伯教に師事して柳宗悦らの民芸運動に影響を受け、日本でも多くの個展を開催しています。

いわの美術では日本に馴染みの深い韓国の陶芸家・池順鐸の作品の買取を行っております。

高麗茶碗買取ます!!

お写真のお品物は池順鐸の高麗茶碗で、白磁風の茶碗で、陶質の胎土に白土を掛けたうえに透明釉を施されたものです。
日本では朝鮮半島で焼かれた日常雑器を茶人が見て、茶器に使用した事がきっかけで広まりました。
井戸茶碗と呼ばれる形は見込みが深い碗形で、やや厚手で、高台は大きく高く、手取りはざんぐりとしてる形が特徴で、もともと白磁を制作するための過程で生まれたものでした。

高麗茶碗は本来、日常雑器として使用される事が目的ですので、量産品として制作されることが多く、お写真の高麗茶碗は見込みに目跡が残っている事から重ねて焼かれたものという事が分かります。
量産品ですと数が多く出回っているので、有名な作家の作品でもまとめてのお値段をつける場合もございます。

いわの美術では量産型の高麗茶碗、作家の高麗茶碗の買取、どちらも行っております。
ご自宅に眠っている高麗茶碗がございましたら、いわの美術までお電話、メールにてお問合せください!!